2010年02月07日

つくりがあまい。

おととい、これを読みながらポニョ観たの。

おっそろしい映画だったぞ。
自分の欲望のために水害を起こし、大暴れのポニョ。妖怪。こえーー。守れリサ!!

http://urasoku.blog106.fc2.com/blog-entry-487.html

これ昔読んで、ポニョ気になってたのよね。

宗介は、ポニョと一生一緒にいなきゃいけないのよ。ずっと好きでいられるのかー・・・・そんな自我が芽生えたばかりの5歳にそんな決断できるのかしら。一生添い遂げらんないよー。泡なっちゃうよー。




あんな夜に2人残して車でどっかいっちゃうリサ。
ポニョの魔力が弱まるのはなんで?
フジモトがポニョは寝てなきゃいけないってゆうのもなんで?
わずか半日のいっしょにいただけ恋に堕ちるふたり。恋の「好き」なの?
あんな恐ろしい話だったのに突然のハッピーエンド。車椅子のおばあちゃんたち歩けるようになっちゃってるし。
車のナンバー333ってなんか意味が?
赤ちゃんにおでここすり付けんのもなんなのー。
あの水没で寝たきりの老人とか死んでるひともいるはずー。包み隠してる。
宗介のせりふの古臭さ?「しめた!」「でかした!」←でかしたは自信ないが言った気がする。
宗介父、あんな家の近くの海でなにしてんの?航海もなにも。家に帰れないほどの仕事なの?
身元引受人って宗介じゃなくてリサだよな。養うのリサだし。
ポニョ母とリサ、なにはなしあってんの?
初めのポニョがフジモトの目を盗んでどっか行こうとするのも理由はなんだったの?なにしようとしてたの。

わざとやってんのか、つくりがあまいのかどっちなのかしら、はやおちゃん。

子供の頃見たかったよね。

宗介が大きくなって、好きな子できて、ポニョが泡になっちゃう続編が観たいです。キボンヌ!!
posted by remu at 12:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに説明不足なのは否めないと思いました。
ただ、宮崎アニメに裏を求めるのは不毛な気がするんだよね。
おそらく、ポニョと宗介は一生あのまま添い遂げるんだよ。監督の頭の中では。
パズーとシータ、アシタカとサン、ルパンとクラリスしかり。

宮崎監督のヒロイン像って、男の願望がかなり反映されてる気がしてたけど、やっぱ女性視点だとまた違うものなのかな。
最近思うんだけど、萌えと紙一重な宮崎アニメは作画や演出や音楽、ネームバリューにキャスティングでかなり得してるんだと思う。それは凄い事だと思うけど。
ただ、老人をやたらめったら元気に描く理由がどうにも分からない。

同じジブリでも、高畑監督の「平成狸合戦ぽんぽこ」「思い出ぽろぽろ」は現実に即して裏表もあるから、今見ても面白いと思うよ。
Posted by 光男 at 2010年02月14日 00:09
ぽーのぽのぽのの主題歌はかなり相乗効果があったよね。
ジブリに出てくるヒロインて男の願望反映されてるのかー。意外。でも今回のポニョは男の願望的ヒロインではないよね。
ぽんぽことぽろぽろって子供の頃見たときはいまいちだったんだけど、どうなのかしら。
ハウル、ゲド、ポノってどんどんいまいちになってるよね。あと猫のやつもだー。
やはりトトロがダントツかと思います!昔はラピュタでしたが。
Posted by れむ at 2010年02月19日 11:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。